フッ素洗口・塗布の効果と安全性

フッ素洗口・塗布の効果

フッ素は歯さまざまな磨き剤にも配合されてますし、歯科医でも気軽に塗ってもらうことができます。
その効果は、フッ素によりフルオロアパタイトという物質成分が作られ歯が強化され、加えてムシ歯予防、再石灰化を促すというようにさまざまあります。
かんたんに言うと、唾液中のカルシウムを手伝って付着させる、と言う事です。

ムシ歯の予防は、再石灰化の促進の効用によるものです。
さらに、ムシ歯菌に働いて、酸の生成を抑えるのです。

ひとつ付け加えると、通常言われる結晶構造中でのフッ素イオンの置き換えは、顕微ラマン装置での分析結果は行われていない、というもので、フルオロアパタイト化していない、という見地の方もいるようです。

フッ素は安全なのでしょうか?

フッ素は、ムシ歯予防に効果が高い、と言われてきましたが、一方ではその安全性について意見が交わされています。いままだ結論には達していませんが、フッ素を使用することで咽頭ガン、口腔ガンになる可能性が大きくなるのでは?と言う話もあります。

1994年、WHO(世界保健機構)は6歳未満の子供へはフッ素洗口は禁忌、としています。
禁忌とは、絶対してはいけません!ということですから、大変な事なのです。
スウェーデンやドイツでは、WHOの指標のせいか、もともとフッ素使用を禁じているとのことです。

但し、適量のフッ素であれば、その有効性や安全性もWHOは認めています。
ただ、6歳未満は、身体的に小さく、免疫機能も成熟していないので、フッ素での中毒症を懸念しているのかもしれません。
一方日本国内では、6歳未満の幼児でも、変わりなくフッ素洗口の治療に来院しますけれど・・・。

WHOが適量であれば、・・・とのことですが、『たとえ適量でも、神経画像解析システム上、神経毒によって引き起こされるだろう多動性障害、記憶障害、知能障害のはっきり分かる画像が観測された』との学会発表があったということです。

わたしの結論

フッ素の有効性を色々と確認する事ができました。
でも、反対によくない、とされる事も分かってきました。
ムシ歯予防においては、歯科医院でのフッ素洗口や、塗布は効果的ですが、安全性の面では100%保障されておりませんので、自己責任のもとで行って下さい。

では、果たして、この世の中に100%安全なものは存在するのでしょうか・・・。

歯の色というのはもとからまっしろではない事が多く、各々違いはありますが九割方の歯のカラーはイエローっぽかったり茶色っぽく色が着いているようです。
患者への情報提供と、患者自身の方法を優先すれば、それに見合うだけの仕事が医者の方へ強く求められるのです。
例えば継ぎ歯が黄ばんでしまう要因に想定されることは、継ぎ歯の色自体が褪色する、つぎ歯の周りの歯が褪色してきたという2つがあると言われています。
あまり知られていませんが、むし歯は、むし歯を起こす菌が歯を溶かし出す速度に、再び歯を石灰化する働き(とかされている歯を元に戻す効用)の進度が落ちると発症してしまいます。
口内炎の症状の重さや出た部分によっては、自然に舌が少し動くだけで強い激痛が生じてしまい、唾液を飲みこむことすら難しくなります。

歯列矯正の治療をすれば姿容の引け目で憂いている人も笑顔とプライドを再び得ることが叶うので、肉体と精神の両面で充実した気持ちを我が物にできます。
唾液というものは口腔内のお掃除役とも言われるくらい大切な役目を果たしていますが、その唾液そのものが減少すれば、口の臭いが気になってしまうのは然るべきことと把握されています。
これは顎を動かす時に顎関節にカクカクと異音が起こるもので、顎関節症の症状としては格段に頻繁に発生しており、とりわけ第一段階の頃に多く起こる顎関節症の状態です。
当然ながら歯科医の数が多いのであればじっくりと患者を診察してくれそうなイメージがありますが、逆にそういう場所は流れ作業のスタイルで患者に治療を施す場所が存在するようです。
歯科衛生士が在宅医療において要求されるのは、先に患者の口腔内を清掃して清潔にすることです。患者の口内が汚れている状態だと、雑菌が増殖している不衛生な歯のカスを飲み込むかもしれません。

甘い食物をたくさん食べたり、歯を磨くことを軽視すると、歯周病の菌が増えてしまい、プラークが増え、ついに歯肉炎が発生してしまうとの事です。
万が一歯冠継続歯の根元の部分がヒビ割れしたら(歯根破折と言います)非常に残念なことに二度と使えません。その大部分のケースの場合では、抜歯するしかない方法しか策はありません。
最近になってホワイトニングを受ける人が激増していますが、そのときに採用した薬剤が原因となってしみるように痛む知覚過敏という変調を誘引する事があるのです。
審美歯科の治療でこのセラミックを用いるには例えばつぎ歯の入替え等が活用法としてありますが、歯への詰め物等にも普通セラミックを使用することが可能なのです。
昨今では医療の技術が飛躍し、なんと針のない無針注射器シリジェットや様々なレーザー治療器を使用することで、痛みを一際減らせる「無痛治療」という治療が実用化されています。

応用可能な領域がことさら広い歯科治療用レーザーは、種類が豊富で、これ以外にも多種多様な医療現場に使用されています。今後一層可能性を感じます。
患者が重要視する情報の公開と、患者本人の考え方を重く見れば、それに見合うだけの重責が医者へ向けて強くのしかかってくるのです。
セラミックと一口にいえど、色んな材料や種類がありますので、お世話になっている歯科医師とじっくり相談して、自分の歯にとって良い治療方法を吟味するのがよいでしょう。
病気や仕事が原因で、疲労が溜まって体が弱ったり、栄養の状態が取れていない食事がずっと続くことにより、体調の優れないコンディションになった頃に口内炎にかかりやすくなるのです。
歯のホワイトニングは、歯の外側のエナメル質の汚れた物質等をじっくりと除去した後で行いますが、“ホームホワイトニング”と歯科医が行うオフィスホワイトニングの2つの進め方が選べるようになっています。

綺麗で美しい歯並びを手に入れたい人は、賢明に美容歯科を駆使してみてはいかがでしょうか。腕の確かな美容歯科では、全体的な観点からの治療法をやり遂げてくれるでしょう。
カリソルブというものは、分かりやすく言うと「現代科学の技術によって虫歯になっている所だけを集中して溶かす薬」です。その時、むし歯以外の場所の歯には何も影響のない治療薬です。
医師によるインフォームド・コンセントは、今の病状を詳しく知り、それを解消する施術に、自発的に挑戦しましょうという理念に基づいています。
大人と同じく、子供の口角炎の場合もあらゆる遠因が推測されます。なかんずく多い要因は、偏食によるものと菌に分かれています。
針のいらない無針注射器のシリジェットと各種デンタルレーザー治療器を組みあわせて治療すると、口内炎からムシ歯まで、あのイヤな痛みを大抵与えずに処置が出来てしまうとのことです。

口の中の乾き、歯周病だけではなく、義歯を使うことで起こる口臭など、年齢と口の臭いの相関関係には、ことさら無数の素因があるとの事です。
通常の唾液の効用は、口腔内の浄化と菌を防ぐことです。しかし、それだけではないということです。歯を再び石灰化に導くには唾液がどうしても必要なために、分泌される量の多さは重大な材料です。
プラークコントロールという文言を聞けば、歯のブラッシングをイメージすることの方が大多数だと考えますが、実際は他にも様々なプラークコントロールの使い道があるとされています。
虫歯を起こす虫歯菌や歯周病菌を幼子に寄ってこさせないためにも、結婚や出産を間近に控えた女性の方は虫歯の治癒は、じっくりと完了させておく必要があると考えてください。
人間の歯の表層を覆う半透明のエナメル質の真下の部位より、口内酸度が低くなりph(ペーハー)5.5~5.7より低い値になると、歯を形成するリンやカルシウムが溶解してしまいます。